MENU

脳の萎縮を抑えるサプリメントはDHA・EPA配合!

脳の萎縮を防ぐサプリメントで脳の老化対策を!

 

DHA・EPAは脳の神経細胞に多く存在しており、特に記憶力や思考力、感情を司る前頭葉に多く存在しています。脳の活性化にはDHA・EPA量が関係しており、日々の食事やサプリメントから補うことで脳の健康状態を良好に保つことができ、それが脳萎縮進行への対策になります。

 

その他の脳の萎縮対策としては脳内の環境を整えることも重要です。

脳の萎縮を抑えるのはDHA・EPA

 

新鮮な血液を多く脳へ送ることで、脳内の血液循環が良くなり、それが脳の機能向上に繋がります。

 

DHA・EPAには血管内に血栓ができにくい環境を作る作用があり、その作用によって血液をサラサラにします。脳だけでなく体全体の血液循環を良くすることで、脳萎縮の進行を抑え、元気で健康な生活をサポートしてくれます。

 

きなり (さくらの森)の特徴

不足しがちなDHA・EPAを高濃度(500mg)摂取できて、しっかりと身体に吸収することができるサプリメントです!
DHA・EPAが不足すると、脳の活性化や記憶力、思考力に関わる脳細胞の働きが弱まったり、高脂血症、心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病のリスクが高くなったりと、様々な症状を引き起こします。
DHA・EPAの大きな特徴は「脳の神経細胞の活性化」「血液内の状態を整えることで血液をサラサラにする効果」の2点です。
ですが、DHA・EPAは体内で作り出すことが出来ないので、普段の食事から補うしかありません。
DHA・EPAを多く含むマグロやイワシ、サンマなどの青魚を日々摂取できれば良いのですが、偏食がちな現代人には難しいので、サプリメント摂取が現実的でおすすめです。

価格 5,695円 ⇒ 定期初回1,980円
評価 評価5
備考 1日あたり66円! 脳神経内に必要不可欠なDHA/EPA・ナットウキナーゼ・クリルオイルを高配合!
きなり (さくらの森)の総評

きなりを4粒摂取することで、500mgものDHA・EPAを補う事ができます!
500rというのは、黒マグロの赤身のお刺身が約5人前分と同等です。この量を毎日食事から補うことはなかなか難しいですよね。
更に、吸収率が非常に良くDHA・EPAを酸化させない「クリルオイル」を配合しています。クリルオイルは強い抗酸化作用を持っているため、DHA・EPAの状態を新鮮に保ち、体内に新鮮なまま届ける役目を果たしています。
通常価格5,965円ですが、初回特別価格1980円という67%割引でお得に始められます。

 
美健知箋 (佐藤製薬)の特徴

脳の萎縮の進行や認知症が心配。
現代人は昔に比べ平均寿命は延びた分、脳の萎縮の進行認知症などの心配があります。
食生活でそのリスクを低減できればよいのですが、現在のライフスタイルではそれも難しいという方も少なくないはず。
そんな方におすすめしたいのが美健知箋EPA&DHAなのです。
血中ホスファチジルコリン中のDHA量が低い人より、血中DHA量が高い人の方が、脳の萎縮の進行や認知症発祥のリスクが低いというデータもあります。
脳の神経細胞内で重要な働きをしているDHA・EPAの摂取が大切です。

価格 6,480円 ⇒ 定期初回限定1,000円
評価 評価4
備考 初月は1日あたり33円!一袋でEPA200mg+DHA550mg=750mgと高濃度配合!
美健知箋 (佐藤製薬)の総評

美健知箋EPA&DHAには、必須脂肪酸と呼ばれるEPA・DHAが含有され、これは魚介類に多く含まれるものです。 しかし、厚生労働省が摂取を勧めている1日1000mgを、魚で摂ろうとすると、大量の魚を食べなくてはいけません。 また、EPA・DHAは酸化しやすいため、なるべく生(刺身など)で食べる必要があります。 美健知箋EPA&DHAはシームレスカプセルを使用し、酸化を防ぎ、EPA&DHAの体内での吸収力を高めているのです。

 

青魚の知恵 (やずや)の特徴

DHA・EPAはサプリで摂るに限る? DHA・EPAはもともと青魚に含まれていますが、1日に必要なDHA・EPAをまぐろの刺身で摂取しようとすると、およそ400g、約9人前の刺身を食べる必要があります。 これが現実的な数字ではないことは明らかだと思います。 また、このことからも多くの人がDHA・EPA不足であることもわかると思います。 ですから、サプリメントでDHA・EPAを摂取するのは、現代人にとってある意味当然の選択かもしれません。 さらに、自然のもので作られているので安心して飲めるという声や、体のだるさがとれたといった実感を口にする声も届いています! 毎月お届けコースで注文するのがお得なようですよ♪

価格 2,160円 ⇒ 定期初回1,080円
評価 評価4
備考 1日あたり33円(定期)・66円(一般価格でも買える)!DHA/EPAと共にカルシウムも配合!
青魚の知恵 (やずや)の総評

栄養満点の青魚。でも食べるのが苦手な方や、ついついお肉ばかり食べてしまう方も多いはず…。 そこでおすすめしたいのが、DHA・EPA含有の手軽に飲めるサプリメント「青魚の知恵」なのです! DHA・EPAは青魚に含まれており、厚生労働省も健康維持のために摂取を勧めています。 そして、青魚の知恵はそれだけじゃない!現代人が不足しがちなカルシウムも摂取できます。 何故なら青魚の知恵は青魚を丸ごと使用しているからです。 また、サプリメントなら魚の臭いが苦手な人でも苦もなく飲めます。

 

脳の萎縮をチェックする方法

脳萎縮は認知症やうつ病の原因となるなど、非常におそろしい状態であるといえます。
こういった治療に困難が伴う病気にならないためにも、脳が萎縮しているかどうかを定期的にチェックする必要があるといえるでしょう。
ではどういった人がチェックを受けたほうがよいといえるのでしょうか。そして具体的にはどのようにチェックすればよいのでしょうか。

脳の萎縮に過度の飲酒は大敵

まず、こういった状態を引き起こしやすい人の特徴として、適切な量を超えた飲酒をしているということが挙げられるでしょう。適度な飲酒であればまったく問題ありませんが、毎日あまりに多くの量の酒を飲んでしまうと脳が萎縮するリスクが高まります。そして、強いストレスにさらされている人も危険だといえるでしょう。特にうつ病の場合は過度のストレスを受けることで発症することが少なくないといえます。それから、趣味の少ない人というのも危険だといえるかもしれません。刺激がなければ脳は退化してしまう一方だからです。あるいはドラッグなど非合法な薬を使っている人にも萎縮を引き起こしやすい傾向があるといわれています。

 

このように脳が萎縮してしまうと、物忘れなどがひどくなり、結果的に認知症などにかかってしまうわけです。

脳が萎縮する前に脳ドック

そうならないためにも、予防の意味をこめて、自分がそういった状況に陥っていないかチェックする必要があります。
そのためには、病院で脳ドックを受けるというのがよいでしょう。これはいわゆる人間ドックのように全身を調べる検査ではなく、脳を重点的に調べる検査です。具体的にはMRIやMRAなどで頭の内部を撮影することで検査をするのですが、同時に血液検査や心電図、尿検査なども併用します。人間ドックとは違い直腸検査のような苦痛を伴う検査は行われません。

 

脳萎縮は上記のような特徴に当てはまらなくとも、加齢によってなりやすくなるということが指摘されています。
ですから、ある程度の年齢を重ねた方は、積極的に検査を受けるべきだといえるでしょう。

 

 

【おすすめランキング】に戻る↑↑

-